×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

常陸国衙跡
 
常陸国衙跡
 
案内板
常陸国衙跡

   所在地:石岡市総社一丁目2番

 常陸国府の成立は、七世紀後半から八世紀初頭である。国府の下に郡衙が置かれ、多河・久慈・那賀・新治・白壁・筑波・河内・信太・茨城・行方・鹿島の11郡を統轄していた。
 常陸国は大国で、国府も大規模なものであった。多くの官人や兵役・雑徭のためにやってくる農民たちでにぎわい、国分寺、国分尼寺・国衙工房などの施設が存在した。
 国府の中心である国衙の所在地は、石岡小学校付近にあたる。国衙には、国内の政務に携わる行政官の勤務する役所や、倉庫群など、さまざまな建物があった。昭和四十八年、石岡小学校の校舎改築に伴い、校庭の中央部付近の発掘調査が実施され、多くの柱穴が発見された。大型のものは径1.5メートル、深さ2メートルの規模を持ち、これは国衙の建物跡と考えられている。
 常陸国府は、東日本の軍事・経済の拠点として、又、宗教文化の中心としての、重要な役割をになっていた。

   昭和60年3月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.004/01.12.05 )