×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万福寺 バナー
 
万福寺
 
案内板
万福寺の文化財

   所在地:石岡市茨城1丁目12番21号
   寺号:光林山万福寺
   宗派:曹洞宗   本尊:阿弥陀如来

 万福寺は、寺伝によれば、税所氏の菩提寺として建立されたといわれる。税所とは、国衙で国内の正税や官物の収納をつかさどる官職であり、常陸国では百済氏が代々その職を世襲したので、のちに職名税所を姓とするようになったという。
 万福寺裏には税所氏の墓石といわれる五輪塔数基が存在する。

*県指定文化財(昭和40年2月24日指定)*
銅像阿弥陀如来三尊像(彫刻)

 阿弥陀如来及両脇侍立像、銅造鍍金三躯。像高は中尊49.2センチメートル、観音33.8センチメートル、勢至33.5センチメートル。
 永仁3年(1295)の造立銘があり、典型的な善光寺式阿弥陀三尊像である。三尊とも一鋳からなり、中尊は蟻柄差し、両脇侍は両肩蟻柄差し。
 宝冠正面に化仏などを差し込んだ穴が残っている。
 中尊像内の心木には年紀のほか、檀那・勧進僧・大工などの人名が記され善光寺式の基準作の一つである。

   昭和60年2月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.020/02.02.08 )