×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月天宮 バナー
 
月天宮
 
案内板
月天宮

   所在地:石岡市貝地一丁目2番

 古くから、太陽、月、星は、人々の信仰の対象となっていたが、常陸国衙が置かれた石岡には、それらをまつる社殿として、日天宮(国府七丁目)、月天宮、星の宮(府中五丁目)が創建された。のちにこの三社は、「府中三光宮」と呼ばれるようになったが、現存するのは、この月天宮と日天宮で、星の宮は、地名にその名を残すのみである。
 月天宮の祭神は月読命で、本殿は間口6メートル、奥行5.5メートル、参拝口は間口2.1メートル、本殿のうしろには、参拝口と同じ大きさの奥の宮が張り出しになっている。また境内には、月天宮が古くからこの地域の人々の信仰を集めたこともあって、子安観音堂、弘法大師堂などがある。大師堂には、念仏講中の老人たちが家々を回って数珠を繰り、念仏往生を祈願したという「百万遍数珠」が保存されている。

   昭和60年3月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.022/02.02.16 )