×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

染谷佐志能神社 バナー
 
染谷佐志能神社
 
案内板
染谷佐志能神社

   所在地:石岡市大字染谷字峠1857番地の2

 佐志能神社は、染谷佐志能神社と村上佐志能神社の二社があり、ともに龍神山の龍神(雨の神)をまつっている。染谷が高@神(雌龍)、村上が闇@神(雄龍)である。二社とも創建年代は明らかではないが、農耕に不可欠な「雨の神」をまつることもあって、古くから付近の村人たちの信仰を集めた。(注:@は雨かんむりに龍)
 染谷佐志能神社の本殿左手の屏風岩には、「風神の穴」と呼ばれる穴がある。この穴に指を入れると、雷鳴がなるまで抜けなくなってしまうという伝説があり、夏になると、ここから黒雲がまき起こって雷神が現れ、雨を降らせるという。
 毎年四月十九日に例祭があり、この時奉納される「染谷十二座神楽」は、四百年の歴史をもつと伝えられ、現在まで残っている数少ない「里神楽」のひとつとして、市指定有形民俗文化財となっている。

*市指定文化財(昭和56年11月25日指定)*
染谷十二座神楽(有形民俗)

   昭和60年3月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.036/02.04.10 )