×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高渕寺 バナー
 
高渕寺
 
参考資料
高渕寺

   所在地:石岡市高浜東上町
   本尊:如意輪観世音
   寺宝:観音像

 高渕寺を通常、観音さまといっている。観音像は、平安時代に平良持が京都の平林寺から、この地に移したと言う。高渕寺は鎌倉時代、近江国三井寺の阿闍梨法印の開基と伝えられている。
 住職は、明治時代の初期まで古い寮に住んでいたが、その後廃寺になった。
 高渕寺の境内には鬼沢大海、鬼沢小蘭や高野素十の句碑がある。
 鬼沢大海は、寛政5年高浜に生まれた。国学者本居大平の門に入り、国学、歌道を学び、本居豊穎(東宮侍講、帝国学士院会員、文学博士)などと親交を重ねた。後に笠間藩、志筑藩に招かれ国学と和歌を講じた。さらに常陸総社宮、佐志能神社の祠官ともなった。著書も数多く高浜鬼沢家文書として残っている。
 小蘭は、水戸藩士伊藤家に生まれ、鬼沢大海の息子久富の後妻となる。画道に専念し洋画家、熊岡美彦などの指導者でもあった。

<石岡の歴史と文化 平成8年3月発行> 石岡市歴史ボランティアの会編集 石岡市教育委員会発行
( 登録No.043/02.05.21 )