×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

佐竹義政の首塚
 
佐竹義政の首塚
 
案内板
大矢橋と佐竹義政の首塚

   所在地:石岡市大字石岡16038−2番地

 治承4年(1180)11月4日、源頼朝は佐竹氏追討のため常陸国府に到着した。佐竹氏は、太田(現常陸太田市)を本拠に奥七郡(多珂・久慈東・久慈西・佐都東・佐都西・那珂東・那珂西)を支配していた。
 佐竹秀義は頼朝の帰順勧告に従わず、金砂山城(現金砂郷村)にたてこもった。秀義の兄義政は縁筋にあたる上総介広常の勧めで帰順し、頼朝と会見のため国府に向かったが、園部川にかかる大矢橋で謀殺された。
 大矢橋の西に義政の首塚、行里川に胴塚と伝えられるものが残っている。

   昭和61年3月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.046/03.12.20 )