×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宮平遺跡
 
宮平遺跡
 
参考資料
宮平遺跡

   所在地:石岡市大字染谷字宮平1630番地

 石岡市の北西端にある龍神山、その南の山麓に広がる台地にあるのが宮平遺跡で、そこに「常陸風土記の丘」が造られた。その遺跡の標高は30〜40mで、南には谷津につながる金山池がある。
 その発掘調査は石岡市が「生涯学習の里づくり」「鹿の子遺跡公園整備」事業を計画したことによって、昭和63年8月から平成元年2月まで、石岡市教育委員会によって実施された。このことにより、ほぼ台地上の前面に集落跡の存在が想定されたのである。その結果、旧石器時代から奈良時代にわたる大遺跡であることが判明した。
 古墳時代においては和泉式の土器を伴う集落跡や、鬼高式の土器を伴う集落跡も多く発見された。
 また、この時代の住居跡から特に注目された出土品の一つに「巴形銅器」がある。これは巴の形をした小型の青銅製品であり、盾などに付けられた飾り金具の一種である。全国的にも出土総数は少なく、茨城県内では初めての出土品である。

<石岡の歴史と文化 平成8年3月発行> 石岡市歴史ボランティアの会編集 石岡市教育委員会発行
( 登録No.047/03.12.23 )