×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

盛賢寺 バナー
 
盛賢寺
 
案内板
盛賢寺の文化財

   所在地:石岡市大字井関1024番地
   寺号:本願院霊通山盛賢寺
   宗派:真言宗
   本尊:大日如来

 盛賢寺は、元禄2年(1689)徳川光圀の命により、那珂郡額田村(那珂町)より曳寺し、玄盛和尚を中興として開山したといわれる。その後、慶応年間(1865〜1868)から明治初年にかけて無住となり、過去帳はじめ文書や仏具類が散逸した。
 境内にある阿弥陀堂の縁日は旧暦の正月15日と7月15日で、とくに正月15日の縁日は「嫁くらべ」と呼ばれた。その年に嫁をもらった家では、阿弥陀堂に参詣し、おたがいに嫁自慢をしたといわれる。
 寺宝には、開山のとき光圀より拝領したという伝狩野正信の「十六善神」の絵画、伝春日仏師作の阿弥陀如来像がある。

*市指定文化財(昭和53年9月11日指定)*

盛賢寺阿弥陀堂(建造物)
 以前は茅葺であったが、昭和58年銅板葺に修復された。

木造仁王像(彫刻)
 仁王像は偉大な力をもつ金剛杵を手にし、二体ならんで寺門の入口を守るので二王ともいわれなじみ深い。
 像容は、上半身裸体で、頭髪はかずらを結び、金剛杵をふりあげて念怒の相を示している。市内においては良く保存されている仁王像として貴重である。

   昭和60年2月
      石岡市教育委員会
      石岡市文化財保護審議会
( 登録No.052/04.01.09 )